So-net無料ブログ作成

肌断食1年半経過 細かい皮むけ、角栓がなくなりなめらかに!【肌画像あり】宇津木式スキンケアを一年半継続。 [肌断食の経過記録]

肌断食(宇津木式スキンケア)を始めてとうとう一年半が経過。

早速、一年半経過した現在の状況を解説していきます^^


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)、一年半経過。



肌断食(宇津木式スキンケア)を開始してとうとう1年半が経過しました。

今回も、開始した当初と一年半たった今の肌の状態を画像で比較してみましょう。


上が開始した当初の肌、
下が宇津木式を始めて一年半経過した今の肌です。
※以前の画像はデジカメ、現在の画像はスマホなので
見え方が少し違います

開始当初。
saisho2.jpg saisho1.jpg

一年半経過した現在。
一年半2.jpg 一年半1.jpg


いかがでしょうか?

写真を見比べてみると、
明らかに肌の色が白くなり、
くすみなどの色ムラが改善しています。


開始当初と比べての、肌の変化は以下の通り。


・細かい角栓が出なくなった

最初は角栓が出てきて気になりましたが、その後改善。
数ヶ月前までは細かい角栓が出ていましたが最近ではすっかりきれいになりました。

・鼻の毛穴が小さくなった

開始当初、かなり気になっていた鼻の毛穴は確実に改善してきました。
頬の毛穴がまだ気になるので、さらに目立たなくなると嬉しい。


スポンサードリンク




・透明感がアップした

シミ改善のためにレーザー治療を受けたのでシミに関しては何とも言えないですが、
確実に肌の透明感がアップしています。

・肌がふっくらしてきた

開始当初はほうれい線が気になっていましたが、今はやや改善しています。
以前は行っていたマッサージももうしていません。

・皮むけが全くなくなった

これは上で書いた角栓と同様、数ヶ月前までは細かい皮むけがありました。
パウダー等をはたくとかなりバサバサな感じになるので嫌でしたが、
気にしないで放置していたら今ではすっかりきれいになりました。
肌をさわるとなめらかで嬉しいです^^


肌断食(宇津木式スキンケア)、現在のやり方



では、現在の肌断食(宇津木式スキンケア)を
どのように実践しているのかを
ご紹介します!

だいたい自分のやり方が
決まってきたので一年経過した時と
あまり変わっていません。


以下現在のやり方です。

・洗顔は、朝は目やにを落とすだけ。
(目元を濡らしたら、ピンポイントで汚れを取るために綿棒を使う)
何も肌につけなかった日は
夜のお風呂でぬるま湯の弱いシャワーで顔表面を流すだけの一日一回洗顔に。
(最近では、この時にちゃんとぬるま湯にするように心がけてます)

・日焼け止めは使わない。
普段の外出時で15分以上外を歩くときには
フェイスパウダーをはたくように。
日焼けが心配なときにはSPF値高めの
フェイスパウダーを使います。

・日常のメイクはぬるま湯だけで落とせる
アイブロウ、フィルムタイプのアイライン、
フィルムタイプのマスカラ、チーク、だけしか使っていません。
(最近はチークを使う頻度が減りました)

・以前は顔や身体に使っていたワセリンは、もう唇以外にはつけてません。

・以前は純せっけんで髪を洗っていましたが、
約一年前からお湯だけで髪を洗う「湯シャン」を実践。
湯シャンにきりかえる方がより宇津木式スキンケアの効果が出るのも早いです。
(湯シャンの経過ブログも運営中で右側のリンク集からとべます♪)


・・・とまあ、このように実践しています!


今では純せっけんを使って顔を洗うのも月に一度あるかないかぐらい。

肌断食(宇津木式スキンケア)を始めてから、一番いい状態になっていると思います。
少し前まで気になっていた角栓も皮むけも、気づいたらきれいになくなっていました。

角栓や皮むけがあると、パウダーをはたくと目立ってしまうので諦めてパウダーもチークも使わないように。
そうしてから一気に肌状態が良くなってきた気がします。

あと、ここ最近意識しているのは、顔を洗う時はかなりぬるい「ぬるま水」で洗うこと。

まともに顔を洗うのは夜のお風呂の時しかないので、その時にぬるま水でさっと流すだけで終わりにしています。
ぬるま水にするようになったのも良かったかも。

肌断食(宇津木式スキンケア)の経過は
今後もまたお知らせしていきますので、
ご期待ください^^

以上、
「肌断食1年半経過 細かい皮むけ、角栓がなくなりなめらかに!【肌画像あり】宇津木式スキンケアを一年半継続。」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。