So-net無料ブログ作成
検索選択
肌断食とニキビ ブログトップ

肌断食でニキビができる?正常な肌に戻っているサインだった【宇津木式スキンケア】 [肌断食とニキビ]

前回までで、肌断食(宇津木式スキンケア)を
することでニキビ肌を改善できる、
という話を書いてきましたが
「逆にニキビが増えちゃった!」という声もあるようです。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)をはじめて
ニキビができてしまう、という事について
書いていこうと思います。


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)でニキビができる原因



前回までの記事で、
肌断食(宇津木式スキンケア)は
ニキビ肌の改善に効果がある、
という話を書きました。

ですが、肌断食(宇津木式スキンケア)を
実践し始めた人の中には
「肌断食(宇津木式スキンケア)を始めてニキビができた!」
という人もいるそうなんです。

ニキビ肌を改善させる効果があるはずなのに、
一体なぜなのでしょうか?



実は、このような人は
肌断食(宇津木式スキンケア)を始めて
化粧品の毒から皮脂腺が解放されてきたために、
ニキビができやすくなっている状態なのです。

化粧品の毒は肌や皮脂腺の機能にダメージを与えます。

ですが、肌断食(宇津木式スキンケア)をはじめると
化粧品の毒から肌が解放されるため、
皮脂腺は一時的に働きが活発になり、
しばらくは皮脂の分泌量が増えます。

ですが、新陳代謝はいまだに充分に改善されていないため、
古くなった角質細胞がはがれづらく、角層が厚くなってしまう。

そのため、皮脂の出口である毛穴がふさがっているので、
ニキビができやすくなる、という訳なのです。


スポンサードリンク




ニキビができてしまったらひたすら我慢



肌断食(宇津木式スキンケア)を開始してニキビができると、
もうやめたい!と思うかもしれませんがここはぐっと我慢。

肌や皮脂腺の状態が正常に
戻りつつあるからこそ、ニキビができるのです。

ニキビは辛いですが、
ここは肌がよくなっていることを喜びましょう。



肌断食(宇津木式スキンケア)を実践して
ニキビができてしまったら、
いじらずにとにかく辛抱するしかありません。

そのまま頑張って肌断食(宇津木式スキンケア)を続けていれば、
しだいに新陳代謝も活発になってきて
厚くなった角層も改善し、
皮脂がスムーズに毛穴から出るようになって
ニキビも治っていきます。


投げ出さずに肌断食(宇津木式スキンケア)を頑張れ
ニキビが改善するのはもちろん
さらなる美肌に生まれ変わりますから、
それを信じて続けてみてくださいね!


以上、
「肌断食でニキビができる?
正常な肌に戻っているサインだった【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食でニキビが改善する理由とは?後編 【宇津木式スキンケア】 [肌断食とニキビ]

今回も、前回に引き続き、
肌断食(宇津木式スキンケア)で
ニキビが改善する理由について
まとめていきたいと思います^^


スポンサードリンク




ニキビの原因は洗いすぎ以外にもある



前回の記事で
ニキビの主な原因は洗いすぎ、
だという事を書きましたよね。

肌を洗いすぎることは
ニキビの大きな原因の一つですが、
他にも考えられる原因があります。


それは、肌の乾燥です。

肌がガサガサに乾燥すると
角層が木の皮のようにかたくなって
皮脂の出口(毛穴)をおおうため、
毛穴が皮脂でつまってしまいます。

前回書いたように、
毛穴が皮脂でつまるとニキビができてしまう。

ですが、皮膚のバリア機能をこわす化粧品
断つことで肌の乾燥は改善するので、
この点でも肌断食(宇津木式スキンケア)は
ニキビ予防に効果があります。


スポンサードリンク




ニキビ用化粧品の効果はいかに



市販されているニキビ用のせっけん化粧水などの大半は、
徹底した洗浄と殺菌でニキビをなくそうとする
考え方でつくられています。

洗浄と殺菌を徹底的におこなえば、
乾燥することで一時的には
ニキビができにくくなるかもしれません。

しかし、それらの化粧品を使って
徹底した殺菌、洗顔を思春期の頃から長年続けると、
ニキビはいっこうに改善しないまま
確実に重症の乾燥肌になってしまいます。

そうなると、皮脂腺が異常発育して
夏みかんのような典型的ニキビ肌になってしまうのです。



なので、皮膚を乾燥させ、毎日消毒するような方法よりも、
せっけんを使わずに、水だけで洗う仕方の方がはるかに
肌にとっては健康的。

実践開始して、はじめのうちは
肌がギトギトして気持ち悪く感じるかもしれません。

ですが、2~3週間もすると
肌の機能が正常に戻ってくるため、
皮脂の量が少しずつ減ってきます。

2~3ヶ月後には皮脂で毛穴がつまることもなくなり、
ニキビもほとんどできなくなるはず。



水で洗顔する。
化粧品を断つ。

この二つがメインの
肌断食(宇津木式スキンケア)は
ニキビ肌改善にはぴったりなのです^^



以上、
「肌断食でニキビが改善する理由とは?後編 【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食でニキビが改善する理由とは?前編 【宇津木式スキンケア】 [肌断食とニキビ]

一見、化粧品と関係なさそうなニキビですが、
肌断食(宇津木式スキンケア)をして
化粧品を断つことで
ニキビ肌に効果は出るのでしょうか?

今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)と
ニキビについてまとめていきたいと思います。


スポンサードリンク




ニキビの主な原因は実は・・・



一般的にニキビの原因として考えられるのは
アクネ菌と言われていますよね。

ですが、宇津木式スキンケアを提唱している
宇津木龍一先生は、
それよりも大きな原因があると考えているそう。


アクネ菌は誰の肌にもいる、ごくありふれた細菌ですが、
実は感染力も病原性もきわめて弱い菌。

宇津木先生はヤケドの治療を数多く行ってきたそうですが、
ヤケドで皮膚の免疫力が最低レベルに落ちているにもかかわらず、
ヤケド患者の中にアクネ菌に感染した患者は一人もいなかったんだとか。

抵抗力が最低レベルに落ちているヤケドの患者でさえ
感染しないのだから、健康な人がアクネ菌に感染して
炎症を起こすとは、考えづらい。



そこで宇津木先生は毛穴につまった皮脂が
ニキビの主原因だと考えているそうなんです。

皮脂が大量に分泌されると、
排出が追いつかなくなって出口がふさがれ、
皮脂が毛穴の中にとじこめられる。

閉じ込められた皮脂は時間とともに酸化して
過酸化物に変わる。

すると、体はこの有毒な過酸化物を
異物とみなして排除しようと、炎症を起こす。

これが、ニキビになるという訳。


スポンサードリンク




洗いすぎなければニキビは改善する!



ここまで読んでもらって
大量の皮脂がニキビの原因になることは
お分かり頂けたと思います。

では、どうして大量の皮脂が出てしまうのかというと、
大量の皮脂が分泌される原因の多くは、
洗いすぎです。

従来の正しいと言われているスキンケア法の通り、
クレンジングせっけんのタブル洗顔
朝もせっけんで洗うなどしていたら
皮脂が足りなくなってしまいます。

肌はその不足分をカバーしようと
皮膚は皮脂腺を発達させ、
皮脂を次から次へと出すようになる。


水でさっと洗うだけの肌断食(宇津木式スキンケア)を始めれば、
必要以上の皮脂を奪うことがなくなるので、
じょじょに皮脂腺は縮んで皮脂の分泌量も減少してきます。

そうなれば、皮脂が毛穴につまることもなくなり、
ニキビが改善するというわけ。


肌断食(宇津木式スキンケア)では
さらにニキビを改善できる理由があります。

この続きは次回の
「肌断食でニキビが改善する理由とは?後編 【宇津木式スキンケア】」
でどうぞ^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
肌断食とニキビ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。