So-net無料ブログ作成
検索選択
肌断食と日焼け止め ブログトップ

肌断食中のUV対策&UVケアにはUVパウダーがおすすめ!【宇津木式スキンケア】 [肌断食と日焼け止め]

肌断食(宇津木式スキンケア)では
ファンデーションや基礎化粧品だけでなく、
日焼け止めも肌に悪影響があるため
できる限り塗らないことになっています。

ですが、少し長く屋外にいる時などは
紫外線の害が心配。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)でも
無理なく行えるUV対策&UVケアとして
おすすめのUVパウダーをご紹介します^^


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)のUV対策&UVケアにはUVパウダーがおすすめ



最初に書いた通り、
肌断食(宇津木式スキンケア)では
基本的に日焼け止めを塗ってはいけないとされています。

日焼け止めに含まれる成分も、
他の化粧品と同様に肌に悪いからです。

そう言われれば納得はできますが、
長時間屋外にいる時などは
やはり紫外線の害も心配。


日焼け止めを塗るべきか、
それとも帽子や日傘だけで耐えるべきか。

お肌の事を考えると本当に悩ましいですよね。



ですが、日焼け止めを塗らずに肌を保護できる、
UV対策&UVケアアイテムがある事を
ご存知でしょうか?


それは、

UVパウダー

です!


UVパウダーとは、おしろいやルースパウダーのように
パウダー状になっていて、
かつ紫外線防止効果もある粉の事。

おしろいやルースパウダーにも
多少の紫外線防止効果はありますが
それは微々たるもの。


紫外線防止効果がきちんと入っている
UVパウダーなら、
SPF30~50程度の日焼け止めと
同じ効果があるのです。


スポンサードリンク




それに、パウダー状の日焼け止めなら
リキッドや乳液、クリームタイプの日焼け止めよりも
はるかに肌に悪影響を与える界面活性剤は少ないため、

肌断食(宇津木式スキンケア)を実践していても
比較的気軽に使えるのです。

もちろん、パウダーなのでぬるま湯で簡単に落とせます。

私は今年の夏はUVパウダーだけで乗り切りました。
パウダーだと落ちやすいので
こまめにつけなおす必要がありますが
それぐらいなんでもありません。


私が使っている、おすすめのUVパウダーはこちら。




小さめなので持ち運びにも便利です。


あと、手に入りやすいところでは
ドラッグストアに売っているアリー(ALLIE)、
肌にやさしいブランドでは
エトヴォス(ETVOS)、オルビス(ORBIS)などの
UVパウダーもおすすめです。

肌にやさしくUV対策&UVケアをしたいなら、
是非UVパウダーを使ってみてくださいね^^


以上、
「肌断食中のUV対策&UVケアには
UVパウダーがおすすめ!【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食中の日焼け止めはコレ!つけたい時はこの3つ 【宇津木式スキンケア】 [肌断食と日焼け止め]

肌断食(宇津木式スキンケア)では
日焼け止めは使わないように、と言われています。
日焼け止めが肌に悪いことは分かるけど、
紫外線を浴びることも怖い。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)の難問、
日焼け止めについて書いてみようと思います!


スポンサードリンク




なぜ日焼け止めがいけないのか



肌断食(宇津木式スキンケア)では
日焼け止めを使うのを禁止しています。

その理由は、他の化粧品と同じで
乳液クリームに含まれる界面活性剤が
肌に大きなダメージを与えるから。

でも、日焼け止めを使わないなんて・・・
とどうしても思ってしまいますよね。


宇津木先生の本によれば

日本人の肌の場合、10分や15分紫外線を
浴びたぐらいではシミのもとになる
メラニンはつくられないため、
15分までは紫外線を浴びても問題はない

そうです。

さらには、洗濯物を干したり
買い物に出かける程度の日常紫外線であれば
帽子や日傘で充分に防ぐことができるので、
日焼け止めを使うのではなく、
帽子や日傘等で紫外線を防止することがすすめられています。

徹底的に防止したいなら、
見た目は悪いですがフェイスカバーなどの名前で
販売されている、顔を覆う布タイプのマスクもあるので
なりふりかまわなくてもいいなら(笑)、それもおすすめです。

私も、屋外で長時間スポーツをする際は使っています。
(道行く人にギョッとされますが^^;)


スポンサードリンク




どうしても日焼け止めをつけたいなら



15分以上屋外にいなければならず
日傘や帽子、マスクを使いたくない、という場合は
化粧品に頼らざるをえません。


ですが、私はできる限り
市販の乳液、クリームタイプの日焼け止めは
使いたくないので、

30分くらい外を歩く、という場合は
SPF20ぐらいのUV効果のある
石鹸で落とせるパウダーを持ち歩いて
外に出るときに顔にはたきます。

パウダーは落ちやすいのが欠点ですが、
こまめにはたきなおせば問題ありません。


ただ外を歩くだけではなく、
紫外線の強い季節や
紫外線の強い場所に行く場合は
SPF値が50くらいある
紫外線防止用(UV)パウダーを使って、
こまめにはたきなおします。

UVパウダーは
私はドクターシーラボのものを使っていますが、
カネボウのアリーなどからも出ているようです。

パウダータイプなら石鹸で落とせるので安心。


ですが、こまめにつけなおすことができない、
すぐ落ちるのは困る、という場合は
パウダータイプではない日焼け止めを
使わないといけません。


宇津木式スキンケアで唯一認められているのが

エメローゼンの「VUVプロテクト」
(10g 税込み1540円)

というワセリンベースの日焼け止め。


市販はされておらず、
株式会社エメローゼンさんに
直接FAXかメールをして
通信販売するしかないそうです。


問い合わせ先は、

株式会社エメローゼン 通販
メールアドレス→ info-cu@aimeerozen.jp
FAX→ 043-301-3782

となっています。

いつか、必要になったら購入してみようと思いますが、
まだ試していないので
購入したら詳細をアップしますね^^

まあ、スポーツ時は顔がドロドロでも構わないので(笑)
ワセリン塗ってUVカットパウダーをはたきまくる、
という戦法でとりあえずはしのごうと思います。


以上、「肌断食中の日焼け止めはコレ!
つけたい時はこの3つ 【宇津木式スキンケア】」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
肌断食と日焼け止め ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。