So-net無料ブログ作成
肌断食用メイク・化粧品 ブログトップ

【肌断食】ポイントメイク用品はこう選ぶ&肌を傷めない使い方まとめ【宇津木式スキンケア】 [肌断食用メイク・化粧品]

肌断食(宇津木式スキンケア)では
ポイントメイクは許容範囲とされていますが、
それでも選び方や使い方を間違うと
肌を傷めてしまいます。

今回は、ポイントメイクの選び方と使い方を
再度詳しく解説していきます。


スポンサードリンク




肌を傷めないポイントメイク用品の選び方



では早速、肌を傷めない
ポイントメイクアイテムの選び方についてまとめていきます。


【パウダータイプがベスト】

リキッドタイプや練りもののメイク用化粧品には
肌をいためる油や界面活性剤が入っているため、
できるだけパウダータイプの化粧品を選ぶ。

【クレンジング不要ものがベスト】

化粧品を選ぶ際に大切なもうひとつの基準は、
クレンジング剤が必要かどうか。
クレンジング剤に含まれる強力な界面活性剤は、
肌バリアを壊し、乾燥肌の原因に。
マスカラやアイライナーは、33度以下のぬるま水で
落とせるタイプを使うのがおすすめ。

【アイブロウ】

ペンシルタイプはなるべく避けること。
パウダータイプなら肌を強くこすらずにすみ、
仕上がりも自然なのでおすすめ。

【アイライナー】
こする刺激が強いペンシルタイプは避け、
ぬるま湯で落とせるタイプのリキッド系をさっと塗る。

【マスカラ】

クレンジング剤や専用リムーバーを使わないようにし、
これもぬるま湯で落ちるものを選ぶ。

【口紅】
口紅、リップペンシル、リップグロスのうち、
一種類だけにして、薄く塗るようにする。
何度も重ね塗りをすると唇を傷める。


スポンサードリンク




肌を傷めないポイントメイクの使い方



では続いて、
肌を傷めないポイントメイクの方法についてです。


【肌をこすらない、ひっぱらない】

ポイントメイクをするときは、
肌をこすったり、ひっぱったりしないようにする。

とくに目もとの皮膚はデリケートなため
かるくこすったり、ひっぱったりするだけでも、
目もとのたるみやクマができ、老け顔になる。

アイシャドウなどを塗るときは、
指先かやわらかい毛のブラシを使ってやさしくつけること。
硬いブラシは、肌の刺激になるので避けるように。

【ヒリヒリしたら使わない】 

ポイントメイクだとしても
肌にやさしいものでも、
どんなものでも化粧品である限りは
肌が炎症する原因になりえる。

かゆみ、赤み、違和感が出たら
絶対に無理して使わず、
すぐに使用を中止すること。


いかがでしょうか?

ポイントメイクだけでも楽しいものですが、
これらを守ればよりきれいな肌を手に入れられます。

是非ポイントメイクの際に意識してみてくださいね^^


以上、
「【肌断食】ポイントメイク用品はこう選ぶ&肌を傷めない使い方まとめ
【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク




トラックバック(0) 

【肌断食】リキッドファンデーションは即パウダーに替えるべき!肌が劇的改善する理由【宇津木式スキンケア】 [肌断食用メイク・化粧品]

肌断食(宇津木式スキンケア)は
界面活性剤をできるだけ排除することで
肌の機能を取り戻して美肌に戻す、という美容法。

そのため、普段のメイクではリキッドファンデーションはNG。
最初は物足りないかもしれませんが、
そうすることで一気に肌がよみがえります。

今回は、リキッドファンデーションを使わないことで
肌が劇的に改善する理由についてまとめてみました。


スポンサードリンク




リキッドファンデーションをパウダーファンデにかえる



リキッドファンデーションはそのとろっとした
液状からも分かるように、
界面活性剤がかなり入っています。

リキッドファンデーションを塗ると
界面活性剤と油分が肌バリアを破壊し、
角質中の細胞間脂質に付着します。

そのためにくずれにくく落ちにくいですが、
その分肌へのダメージは大きいのです。


ほかにも、ファンデーションを塗るとツヤが出るのは、
合成ポリマー(プラスチック)の力があります。

合成ポリマーは種類が非常に多く、
成分表示欄に「ジメチコン」「○○セルロース」「○○カルボマー」
「加水分解コラーゲン」などと書いてあったら、合成ポリマーです。

肌表面を合成ポリマーでおおうと、肌のターンオーバーが遅れ、
薄く不健康で、色ムラが目立つ肌になってしまいます。

肌をおおい隠して美しく見えるファンデーションほど、
肌の負担になってしまうのです。


スポンサードリンク




さらに、リキッドファンデーションは
油分も多く含んでいるため
クレンジングを使って落としたくなります。
(年に数回の使用なら純石鹸で洗うだけで充分)

クレンジング剤を使うことで
肌にはさらなる負担がかかるため、
リキッドファンデーションを
普段のメイクで使うのはすぐにやめるべきです。


普段リキッドファンデーションを使っている人は、
おしろいタイプのパウダーに替えるか、
固形のパウダーファンデーションを
薄くつけるようにしてください。

ケーキ型ファンデーションだと界面活性剤や油分、
合成ポリマーなどが多少入っていることもあるので
一番肌への刺激が少なくおすすめなのは
粉おしろい(パウダー)です。


最初はカバーされていない肌に
落ち着かず、恥ずかしくなるかもしれませんが
少しの我慢。

だんだんと肌が改善してきたら
リキッドファンデーションなんて
なくてもきれいな肌でいられます。

その日を目指して、今すぐ、
リキッドファンデーションを使うのはやめましょう!


以上、
「【肌断食】リキッドファンデーションは即パウダーに替えるべき!
肌が劇的改善する理由【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク




トラックバック(0) 

肌断食中のメイクアイテム!チーク、マスカラ、アイライナーのおすすめ【デートにも対応】 [肌断食用メイク・化粧品]

肌断食(宇津木式スキンケア)では
メイクを最小限にすることをすすめられています。
ですが、メイクは身だしなみとして行いたい!
メイクが好き!デートする時だけは!という人もいますよね。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)実践中の私が
おすすめする、メイクアップ化粧品をご紹介します。
チークはもちろん、マスカラ、アイライナーなど
デートメイクに使えるアイテムもありますよ^^


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)中のメイクアイテムの選び方



肌断食(宇津木式スキンケア)中のメイクアイテムは、
ファンデーションと同じで
「界面活性剤不使用(パウダータイプ)」
「石鹸、ぬるま湯で落とせるもの」
を選びましょう。


チークやアイシャドウなどはパウダータイプを選べば
界面活性剤は大幅にカットされているはず。

マスカラやアイライナーは
最近多くなってきたフィルムタイプを選ぶと、
ぬるま湯で簡単に落とせるので
気軽にメイクができますね。


口紅やグロスは私はあまりつけないので
持っていません。

ですが、肌断食(宇津木式スキンケア)では
口紅やグロスの種類を限定していないので
すきなものをつけていいようです。
ですが、つけすぎはやはり唇にダメージをあたえるため
できるだけ最小限にしておきましょう。

私は普段はワセリンを唇につけて
グロスがわりにしています。
光りすぎず、健康的なツヤが出ていい感じです^^


肌断食(宇津木式スキンケア)では
ポイントメイクはそこまで制限されていませんが、
肌に負担をかけるものであることは間違いありません。

ポイントメイクもできるだけしないで済むように
最低限に抑えるようにしていくのがベストです^^


スポンサードリンク




デートメイクにも使える!おすすめチーク、マスカラ、アイライナー



では、実際に肌断食(宇津木式スキンケア)を
実践中の私がおすすめする、
デートメイクにも使えるチーク、マスカラ、アイライナーを
ご紹介していきます。


【セザンヌ ナチュラルチーク】

チーク.jpg

セザンヌさんのサイト等には
界面活性剤不使用とは書いてませんが、
パウダータイプなので
不使用、又はかなり少ないはず。
(アットコスメには「界面活性剤不使用」と
書かれていた)

色もいいし、発色もいいし、もちもいい。
付属のブラシをタテにもって、
ポンポンと頬に押し当てるようにしてつけています。

どこでも買えるという事、
税抜き360円という脅威の値段、
そして値段に対するクオリティの高さで
イチオシのチークです^^


【D-UP ボリュームエクステンションマスカラ】

masukara.jpg

お湯で落とせる、フィルムタイプのマスカラ。
D-UP(ディーアップ)さんには
三種類フィルムタイプのマスカラがあるので、
好みに合わせて選ぶといいですね。

このタイプはとにかくボリュームを出したい人向け。
にじまないし、お湯でオフできるし、
まつげのカールがもつのが嬉しいです^^

色んなフィルムタイプのマスカラがありますが、
D-UP(ディーアップ)さんのものは
コンパクトなのもポイント高いですね。

デートなどの勝負時に使いたいマスカラです^^


【オペラ マイラッシュR】

マスカラ2.jpg

フィルムタイプの定番マスカラ。
どちらかというと控えめで清楚な目元になります。
(あまりボリュームは出ない)

マイラッシュのいいところは、
容器がコンパクト、ブラシが細いので塗りやすい、
置いてある店が多い、
お値段が安い(だいたい1000円程度)!

普段使いにぴったりのマスカラです。


【ヒロインメイク スムースリキッドアイライナー スーパーキープ】

アイライナー.jpg

アイライナーはこすりがちなペンシルタイプではなく、
フィルムタイプのリキッドアイライナーがいいですね。

リキッドは使いづらい、と思う人も多いと思います。

私も昔そう思っていたのですが、
この商品に出会って少し練習したら
きれいで自然なアイラインをひけるようになりました。

この商品は筆が細くてラインが描きやすく、
汗や涙でにじまないのにお湯で落とせるという
すぐれもの。

細く、自然な隠しラインを入れれば清楚に、
目尻を跳ね上げればいい女風、と
色々なデートメイクにも対応できます。
もちろん、普段のしっかりメイクもOK^^



という訳で、私のおすすめチーク、アイライナー、マスカラは
以上です!

アイシャドウはないの?と思われるかもしれませんが、
アイシャドウはどうしてもまぶたをこすりがちになってしまい、
肌断食(宇津木式スキンケア)にはあまりよくありません。

なので、私はアイシャドウを使わずに
これらのアイテムだけでメイクをしています。

透明感のある肌なら、
これらのアイテムだけでも美しく仕上がります。

アイシャドウを使いたい場合は、
パウダータイプを選んで
何度も重ねづけしてこすらないようにし、
ひとはけでまぶたにのせるようにしましょう。



以上、「肌断食中のメイクアイテム!
チーク、マスカラ、アイライナーのおすすめ【デートにも対応】」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 

肌断食中のファンデーション&パウダー、私のおすすめはコレ!【宇津木式スキンケア】 [肌断食用メイク・化粧品]

肌断食(宇津木式スキンケア)では
メイクを最小限にすることをすすめています。
ファンデーションやパウダーも石鹸や水洗顔で
落ちるものを使うように言われていますよね。

そこで今回は、
肌断食(宇津木式スキンケア)実践中の
私が試しておすすめする、
ファンデーションとパウダーをご紹介します!


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)のファンデーション選び



肌断食(宇津木式スキンケア)では
メイク落としにクレンジングを使うことは厳禁。

純せっけん、または水洗顔で落ちる程度の
軽いベースメイクにとどめておくべき、とされています。

特に、リキッドタイプの下地やリキッドファンデーション、
クリームファンデーションは
界面活性剤を多く含んでいるため、使用は禁止。


肌断食(宇津木式スキンケア)中に使うべきなのは、
パウダリーファンデーション
パウダー(お粉、おしろい)です。

パウダリーファンデーションは
ファンデーションの中でも油分や界面活性剤が
大幅にカットされているため、
比較的肌に負担がかからないのです。

パウダリーファンデーションよりも
肌に負担が少ないのが
フィニッシングパウダーと呼ばれる
パウダーやお粉、おしろいです。


パウダリーファンデーションやパウダー類を
何もつけなくても平気な肌、
というのが肌断食(宇津木式スキンケア)の
最終目的地なのですが、

肌断食(宇津木式スキンケア)を始めたばかりでは
肌の状態がまだ良くないため
アラを隠すためにファンデーションを使いたいなら
パウダリーファンデーションか
パウダー(お粉、おしろい)にしておきましょう。



肌断食(宇津木式スキンケア)で使う、
パウダリーファンデーションを選ぶ際は

界面活性剤や油分が全く含まれていない
(界面活性剤フリー、油分フリー)か、
界面活性剤や油分が大幅にカットされているもの

を選ぶようにして下さい。
そうすれば、肌への負担は軽くて済みます。


パウダー(お粉、おしろい)については
もともと油分や界面活性剤を含んでいないため、
何を選んでも問題ありません。

選ぶときに迷う場合は
「石鹸で落とせる」「水で落とせる」というものを
選ぶと間違いないですね。


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)でおすすめのファンデとパウダー



では、実際に肌断食(宇津木式スキンケア)を
実践中の私がおすすめする
ハウダリーファンデーションと
パウダーをご紹介します^^


【オルビス クリアパウダーファンデーション】

new_IMG_8759.jpg

new_IMG_8760.jpg

パウダリーファンデーションはコレ。

「酸化しやすい油分不使用」「界面活性剤不使用」
「紫外線吸収剤不使用」ということで
かなり肌に優しいパウダリーファンデーション。

SPF15というのもいいし、
軽い付け心地の割にカバー力があります。

私は肌断食(宇津木式スキンケア)開始当初は
とにかく肌のアラを隠したくて
こればかり使っていました。

今ではパウダーをメインに使っているので
このファンデーションはニキビ跡など
しっかり隠したいところにだけ使っています。


【ヴァントルテ ミネラルシルクファンデーション】

new_IMG_8776.jpg

ファンデーションという名前ですが、パウダーです。

肌にやさしく、カバー力もあるミネラルパウダーは
色々なメーカーから出ていますが、
私の一押しはヴァントルテ。

当然、界面活性剤、油分は一切入っていない。
他の肌に負担をかける成分も最低限しか入っていないし、
成分の中には肌にやさしいシルク配合で、
パウダーなのにSPF20。

さらに、肌の色に合わせられるように
色も5色選べるようになっているし、
一番いいと思ったのはパフでつけるところ。

ミネラルファンデーションって
肌へのやさしさをうたっていながらも、
ブラシでつけるものがとても多くて、
「こすっちゃいけない宇津木式」をやっていると
それが納得いかない。

多くあるミネラルファンデーションの中でも
ヴァントルテは数少ないパフでつけるタイプ。

そして、きちんと「石鹸で落とせる」と
書いてくれているので安心です。
(他のミネラルパウダーは
石鹸で落とせるとうたっていないものもある)



という訳で、私のおすすめファンデーションとパウダーは
以上です!

参考にしてもらえたら嬉しいです^^


以上、「肌断食中のファンデーション&パウダー、
私のおすすめはコレ!【宇津木式スキンケア】」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
肌断食用メイク・化粧品 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。