So-net無料ブログ作成
検索選択
肌断食のやり方 ブログトップ

肌断食を夜だけするのはアリ?日中は普通にメイク可能なやり方をご紹介【宇津木式スキンケア】 [肌断食のやり方]

肌断食(宇津木式スキンケア)をやってみたいけど、
日中の顔は今まで通りがいい。
そう思う人は多いのではないでしょうか。

接客などのお仕事をされている方は、
いきなりお肌の状態が変わると困る場合もありますよね。

そういう人は、まず
夜だけ肌断食(宇津木式スキンケア)を
実践してみるのはどうでしょうか。

今回は、無理なく始められる、
夜だけ肌断食(宇津木式スキンケア)のやり方
提案していきたいと思います。


スポンサードリンク




無理しない!夜だけ肌断食(宇津木式スキンケア)もアリ



肌断食(宇津木式スキンケア)は
「何もつけない」ことで
肌に悪影響を与えるものを全てなくして、
肌が自分できれいになる力を取り戻させるという方法です。

なので、基礎化粧品はもちろん、一般的なファンデーションなども
すっぱりと完全にやめる事が一番です。

そうすることで、肌断食(宇津木式スキンケア)を
早い段階で成功させ、
何もつけないでも美肌でいられるようになります。



ですが、肌断食(宇津木式スキンケア)を行うと
それまで化粧品をつける事になれていた肌は
肌荒れを隠し切れずに、
一時的に乾燥、ニキビ、皮向け、角栓などの
肌トラブルが出てしまうのです。


何度も書きますが、
肌のためにはこれらの一時的なトラブルを受け入れて
化粧品を一気に全てやめるのが一番です。

ですが、お仕事などの関係で
肌が汚くなるのはどうしても困る、という人もいますよね。


そういう人は、無理せずに
肌断食(宇津木式スキンケア)を
夜だけやってみるところから始めてみてはどうでしょうか。

やり方はシンプルです。

朝はこれまで通りのスキンケアをして、
夜だけはメイクを落とした後、何もつけないようにするのです。


スポンサードリンク




ですが、一つだけ注意するべきなのは
メイク落とし(クレンジング)を使うのだけはやめること。

宇津木龍一先生によると、
クレンジングが一番肌に負担がかかるとの事。

ですから、クレンジングだけは使うのをやめ、
石鹸を泡立ててメイクを落とします。



「純石鹸だけだとメイクが落としきれないんじゃない?」
と心配になるとは思いますが、

クレンジングをがっつり使ってメイクを完全に落とすよりも、
ある程度メイクを落としきれなくても純石鹸を使う方が
はるかに肌にとってはマシなのだそうです!

それだけ、クレンジングの洗浄力は恐ろしいという事ですね。


ですが、メイクを肌に残さない方がいいのも事実。
買い換えられるなら、純石鹸でも落とせるような
化粧品に切り替えるといいですね。

さらに言えば、ファンデーションはリキッドをやめて
パウダータイプのものだけにできればベストです。


このように軽めのメイクに切り替えれば
日中の肌が楽になりますし、
純石鹸でも落としやすくなるので
より肌への負担も減っていきます。

純石鹸でメイクを落とした後は、
タオルで優しく水分を拭きとり、
翌朝まで何もつけないようにします。

どうしても乾燥が気になる場合のみ、
ワセリンをほんの少量つけます。


このように夜だけの肌断食(宇津木式スキンケア)から
はじめていけば、
だんだんと肌が化粧品なしの状態に慣れてきます。

そうなってきたら、朝使う化粧品も
少しずつ減らしていって、

本格的な肌断食(宇津木式スキンケア)に
シフトしていけばいいのです。


「何もつけないなんて無理!」と思うなら
まずは夜だけ肌断食(宇津木式スキンケア)から
始めてみてはいかがでしょうか^^


以上、
「肌断食を夜だけするのはアリ?
日中は普通にメイク可能なやり方をご紹介【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食を週末でお試し!スキンケアの思い込みを取り除こう 【宇津木式スキンケア】 [肌断食のやり方]

肌断食(宇津木式スキンケア)に興味があるけど、
化粧品を全てやめるのは不安。
そう思っている人はかなり多いのではないでしょうか。
そんな人は是非、週末だけ
肌断食(宇津木式スキンケア)を試してみてください。

今回は、週末だけの肌断食(宇津木式スキンケア)の
やり方についてまとめてみました!


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)が不安ならまずは週末だけ



毎日スキンケアをしなければ!と思いつつも
スキンケアをさぼってしまった事、ありますよね?

「あーあ、やっちゃった・・・」と思うものの、
肌を見てみると別に肌の調子が悪くなった訳ではなく
いつもと変わらなかったり、
いつもより調子が良かったり・・・。

スキンケアだけではなく、
家にいてメイクもしなかったりすると、
肌の状態がよくなったり。

そんな経験、ありませんか?


それは、スキンケアや化粧品が肌にとって毒だから。

そんな経験があっても、多くの人が
「何も塗らないと、肌が汚くなる」と思い込んで
スキンケアをやめるのを怖がっています。

肌断食(宇津木式スキンケア)は
世間で言われている美容法とは正反対で、
それまで信じてきた正しいスキンケアとは
あまりにも違うからです。


そう思って化粧品をやめられない人は、
週末だけお試しで予行演習をしてみましょう。

週末だけでも化粧品断ちをしてみれば、
何も塗らない方が調子がよいと分かって
化粧品を使う量や頻度を減らす気になれますよ。


スポンサードリンク




週末だけ!お試し肌断食(宇津木式スキンケア)のやり方



では、週末だけのお試し肌断食のやり方を
説明していきます。

まず、朝起きたら水だけで顔を洗う。
洗顔後は化粧水乳液もつけないでください。

肌がつっぱるような感じがしても、
1時間ぐらいたてば気にならなくなります。

そして、ファンデーション、化粧下地、日焼け止めも塗らず、
そのまま、サラサラした素肌の感覚を
一日じゅう楽しみます。

外出する用事がない日の方がやりやすいはずです^^


何もつけない気持ちよさを実感できたら、
何もつけずに過ごす日を
毎週末、週3日、という風に少しずつ増やしていきましょう。


ただし、肌がバリバリに乾燥する、
真っ赤になる、ヒリヒリするなどの症状が出たら注意です。

長年にわたって化粧品を使いすぎてきたため、
肌トラブルがかなり深刻な状態と思われます。

何もつけない日を作る方法より、
化粧品の量を段階的に減らしていく方法の方が
あっているはずです。


以上、
「肌断食を週末でお試し!
スキンケアの思い込みを取り除こう 【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食を徐々に進める順番!少しずつでも確実に効果が出せる方法【宇津木式スキンケア】 [肌断食のやり方]

肌のために肌断食(宇津木式スキンケア)を試してみたい、
と思う人は多いはず。
ですが、どうしても全ての基礎化粧品
メイクを一気にやめることができない、
という人も多いのではないでしょうか。

本来ならば一気にやめる方が
美肌に近づくのは早くなるのですが
そうもいかない場合もありますよね。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)を
徐々に実践していくための
効果的な順番についてまとめていきます。


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)を徐々に進めるための順番とは



肌断食(宇津木式スキンケア)を試してみたいけど、
いきなり全てのメイクを変えられない、
又は一気に肌の状態が悪くなる(ように見える)のは嫌、
という人は多いようですね。

上でも書いたように
早く全ての基礎化粧品やクリーム系の化粧品をやめるほど、
早く肌がきれいになるので
肌の事を考えたら今すぐにでも始めるのがベストタイミングです。


もちろん、すぐに全ての化粧品をやめられれば
それにこした事はありませんが、できない人は無理は禁物です。

これまで何年も、何十年も化粧品を使ってきた訳ですから、
いきなり全てをやめるのは難しいはず。
できないならば段階を追って少しずつやめていくのもおすすめです。


徐々に化粧品をやめる場合、次の順番でやめていくと
比較的早く肌の状態が良くなります。

・クレンジング(もっとも肌を傷める。いかなる場合でも真っ先にやめて純石鹸にするべき)

・クリーム

乳液

・美容液

化粧水

上にあるものほど肌へのダメージが大きいので、
この順番に一つずつやめていくのがおすすめです。

さらに、クリームタイプやリキッドタイプの化粧下地やファンデーション、
チーク、アイシャドウも減らしていけるといいですね。


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)を徐々に進める順番その2



上の方法も良いですが、
他にも徐々に進めていくおすすめの方法があります。


まず、最初にクレンジングをきっぱりやめます。

そして、残りの化粧品のそれぞれの使用量を少しずつ減らしていって、
最後にそのすべてをゼロにする、という方法。

あるいは、クレンジングをやめた後、
残りの化粧品は週7回から6回、5回、4回、3回という風に
使用頻度を減らしていき、
最後にすべての化粧品においてゼロにしていく事もできます。


いずれにしても、自分の性格やライフスタイルなどにあったやり方
無理せずに、でも、なるべく早い時期に
化粧品によるケアを完全にやめれらるのが理想です。


もちろん、早くやめられれば
それだけ早く肌は良い状態になりますが、
無理をしてストレスになっても良くありません。

徐々にやっていきたい、というなら
これらの順番を参考にしてみてくださいね^^


以上、
「肌断食を徐々に進める順番!
少しずつでも確実に効果が出せる方法【宇津木式スキンケア】」
でした!


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食でのワセリンの使い方!正しい量とつけ方を覚えよう 【宇津木式スキンケア】 [肌断食のやり方]

断食(宇津木式スキンケア)を始めたばかりの時は、
唯一肌につけていいいワセリンが頼みの綱。
肌につけても安全とされているワセリンですが、
それでも使い方には注意が必要です。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)における
ワセリンの使い方について解説をしていきます^^


スポンサードリンク




ワセリンはいくらつけても安全?



ワセリンの選び方の記事で詳しく書きましたが、
ワセリンは皮膚科医も認めるほど
安全性の高いもの。

そのため、「肌になにもつけない」とモットーとする
肌断食(宇津木式スキンケア)でも、
唯一肌につけていいと許されているのがワセリンなのです。


ただし、ワセリンが安全性が高いと言われていても、
肌にとっては異物です。

ですから、ワセリンは
「どうしても何か肌につけたい時」
「かゆみ、かさつき、粉ふきなどが気になる時」
「肌、唇を保護したい時」
にだけつけるようにしてください。

「ワセリンだったら大丈夫」とたくさんつけたり
必要ないときにもつけていたら、
肌には負担がかかります。

そうなってくると肌荒れなどを起こしてしまい、
肌断食(宇津木式スキンケア)を
している意味がなくなってしまいます。


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)のワセリンの使い方



先ほども書きましたが、
ワセリンを使う場合は最低限の量使うことが
とても大切です。

必要以上にたくさんつけてしまうと、
肌に負担となってしまいます。

では、肌断食(宇津木式スキンケア)では
どのようにワセリンを使えばいいのか、
使い方を解説していきます。


・ワセリンをつける量は少しで充分。
米粒の半分ほどの量でOK。

・ワセリンは手にとって、両方の手のひら
あたためてよく伸ばしてから、
つけたい場所に手のひらを押してつける。

・ワセリンは身体の熱でのびるため、
手に出すときは「少し少ないかな?」
と思う量でOK。

・ワセリンがベタベタする、という人はつけすぎ。
少量にして手のひらであたためてよくのばす、
という事を心がけること。

・ワセリンはすぐに酸化しないので、
つけた後にせっけんで洗い流す必要はない。
水洗顔をするだけで不要な部分は落ちるし、
ある程度残っても数日後に自然に落ちる。


いかがでしょうか?

あくまで「少量」「よくのばす」ことを
こころがけて使えば
肌に負担になることも
ベタベタして不快感を感じることもありません。

肌の唯一の味方、ワセリンの正しい使い方を知って
肌断食(宇津木式スキンケア)の助けにしたいですね^^


以上、「肌断食でのワセリンの使い方!
正しい量とつけ方を覚えよう 【宇津木式スキンケア】」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食、ワセリンの選び方!サンホワイトを使っている私が感じたこと【宇津木式スキンケア】 [肌断食のやり方]

肌断食(宇津木式スキンケア)で
唯一肌につけていいものがワセリン。
頼みの綱のワセリンですが、やはり選び方を知って
安心できるものを使いたいですよね。

そこで今回は、意外と知らない
ワセリンの選び方についてまとめてみます^^


スポンサードリンク




なぜ、ワセリンがいいのか



肌断食(宇津木式スキンケア)で
唯一肌につけていいものがワセリン。

本来ならば、何もつけない方がいいのですが、
それまで熱心にスキンケアをしていた人が
基礎化粧品をやめると、
肌の状態が一時的に悪くなるため、
何かをつけて保護したくなります。

そういう時に、使っていいものが唯一、ワセリンなのです。


もともと、皮膚科医の間では
ワセリンの肌への高い安全性は
常識とされています。

ワセリンは石油を蒸留したときに
残ったものからとれる油をさらに精製したもの。

多くの油は空気にふれるとすぐに酸化を
始めますが、ワセリンは酸化するまでに数年かかり、
劣化しにくいのが大きなメリットです。


さらに、ワセリンは皮膚にしみこんでいきにくいので
肌に悪影響を与えることなく、
安全に肌を守ってくれるのです。


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)で使うワセリンの選び方



では、肌断食(宇津木式スキンケア)で使う
ワセリンにはどのようなものがいいか、
解説していきたいと思います。

ワセリンには大きくわけて4つの種類があります。

・黄色ワセリン
・白色ワセリン
・プロペト
・サンホワイト

ワセリンの精製度(純度)によって分かれているのです。

精製度が低い(純度が低い=不純物が多い)順に
紹介していきますね。


ではまず、黄色ワセリン

kiirow.jpg

一般的にワセリンのイメージはこれですね。
ですが、精製度は一番低いのです。
精製度が低いものは添加物が入っているため、
ひんぱんに使う場合はおすすめしません。

肌断食(宇津木式スキンケア)では
黄色ワセリンは使わない方がいいとされているので、
次に紹介する白色ワセリン、プロペト、サンホワイト
を選ぶようにしてください。



次に、白色ワセリン

薬局などで「白色ワセリン」と書かれて
販売されているので分かりやすいです。

ワセリンの中では二番目の精製度となっており、
こちらを使っても問題ないでしょう。

私が色々試した中で、総合的に良かったのは
ベビーワセリン。

babyw.jpg

サイズが小さめだけどコスパが良く、のびも悪くないし、
赤ちゃんにも使えるので安心です。
手に入りやすいのもいいですね。


softw.jpg

こちらの白色ワセリンのソフトも良かったです。
名前の通り、白色ワセリンをソフトタイプに
してあるので、とても使いやすいです。
唇に塗るとグロスっぽくなるのもいいし、
ワセリンのベタベタ感が苦手な男性でも
抵抗無く使ってくれます。



そして、さらに精製度が高いのがプロペト

puropetow.jpg

プロペトと、次に紹介するサンホワイトは
その精製度の高さから医療用として認められています。

肌がもともと弱い方、敏感肌の方は
プロペト以上を使うことをおすすめします。


実は、私はプロペトを使ったことがありません。
なぜかというと、以前は近所で販売しておらず、
ネットでの取り扱い店も少なく、買いにくかったから。

ですが、現在では送料無料でネットで買えるので
これからは使ってみようと思います。

精製度が高く、かなり安全ですが
サンホワイトに比べて価格が手ごろで
たっぷり使えるのがプロペトのいいところですね。



そして、精製度が最高なのがサンホワイト

sunwhitew.jpg

以前、ネットで買いやすかったので
サンホワイトのチューブを3本まとめ買いして
つかってきました。

白色ワセリンから
サンホワイトに切り替えた時には
別に違いを感じなかったのですが、

サンホワイトを使っているとき、
たまに白色ワセリンを使うと
なんだか、のび具合や軽さが違うのが
分かるんです。

白色ワセリンが悪いわけではないのですが、
サンホワイトのほうが使いやすいし、
肌につけたときに明らかに軽い感じがします。

サンホワイトが一番肌に負担がないという事ですよね。



サンホワイトの難点は、お値段が高いこと。

肌断食(宇津木式スキンケア)を始めてからしばらくは
毎日使うものになるはずですから、
お値段は安い方がありがたい。

ですが、純度の低いワセリンを使っていると
わずかではありますが、肌に負担をかけることに
なってしまうので、お財布と相談して決めてください。

でも、基礎化粧品を買わなくなる訳ですから、
高級なワセリンを買うぐらいどうってことないですよね。

できるだけ、肌に優しい選択をして欲しいなと思います^^



私は、サンホワイトのチューブを3本使って、
その軽さを知ってしまったので
白色ワセリンには戻れないなぁ・・・。

これからプロペトを試してみて、
プロペトでもいけそうなら続けてみるつもりですが、
重く感じたらサンホワイトに戻します^^



以上、「肌断食、ワセリンの選び方!
サンホワイトを使っている私が感じたこと【宇津木式スキンケア】」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食の洗顔方法!基本の水洗顔と石鹸洗顔 【宇津木式スキンケア】 [肌断食のやり方]

肌断食(宇津木式スキンケア)をする際、
とても重要なのが洗顔方法。
化粧品をやめても洗顔方法などが間違っていたら
美肌になるのが遠のいてしまいます。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)で
大切な洗顔のやり方
解説していきたいと思います!


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)の洗顔方法



肌断食(宇津木式スキンケア)の洗顔方法の基本は
水洗顔です。

石けんでしか落とせないメイクをしている時以外は、
水洗顔のみを行います。

朝起きたときも、外から帰ってきたときも、
軽いメイクを落とすときも、
お風呂に入るときも、すべて水のみで洗顔。
洗顔料やクレンジングは使いません。



では、水洗顔のやり方を説明していきます。

・35度くらいの「ぬるま水」で行う。
温度が高すぎると皮脂を取りすぎ、逆効果に。

・絶対にこすらない。
両手に水をためて、その中に顔を押しつけ、
押し洗いの要領で2、3回顔を出したり入れたりする。
この動作で水が動くことによって
充分顔についた汚れを落とすことができる。
額やあご付近を洗うときは押し付ける箇所を変える。
間違っても手を上下に動かしてこすらないこと。

人によっては水に顔をつけたままで
鼻から空気を出してその振動だけで洗ったり、
ぬるい温度のシャワーの勢いを弱めて
顔に当てる、という方法で洗っている人も。
(シャワーの場合は必ず勢いを弱めること。
強いと肌にダメージを与える)

・タオルで拭くときも絶対にこすらない。
タオルを顔に5秒程度押し当てるようにして
水気をしっかりとる。


スポンサードリンク




石鹸での洗顔方法



石鹸でしか落とせないメイクをしている場合にのみ、
石鹸洗顔を行います。
(クレンジングは使わないこと!)

肌断食(宇津木式スキンケア)で使う石鹸は
純せっけんのみ。

純せっけんの見分け方は
別の記事に書いてありますので
そちらをご覧ください。

せっけんを泡立てるスポンジやネットなども
用意しましょう。
(私はネットの方が使いやすいのでネット派)


では、石鹸洗顔のやり方です。

・水の温度は水洗顔と同じ35度程度が良い。
あまり高くしすぎないこと。

・最初に水を顔に押し当てて顔を濡らしておく。

・水をつけながら石鹸をスポンジ(ネット)にこすりつけ、
スポンジ(ネット)をもんで泡を立てる。
きめ細かい、固めの泡をたくさんつくる。

・泡をのせた手のひらを肌につけ、
そのまま泡を肌に押しつけるように
ぐっと手のひらを肌に近づけたり
少し離したりしながら、肌を泡で押し洗いする。

この時大切なのは、泡だけを肌に触れさせること。
手のひらを直接肌に触れさせたり、
こすったりするのは厳禁。
あくまで泡で洗うという感覚で。

押し洗いでは物足りなく感じますが、
泡が少し動くだけでも充分肌の汚れは落ちています。

・目のまわりや小鼻の横、あごの先など、
押し洗いでは洗いにくい部分は
泡を指先にとってのばしながら、やさしく洗う。
(豆腐の表面をなでるくらいの感覚で)

・すすぎは水洗顔の時と同じように、
両手にためた水を押し当てるだけ。
せっけん分を肌に残さないように
水をかえながら10回程度行えばOK。
水をパシャパシャ当てるのは
肌にダメージを与えるのでNG。

・ポイントメイクをしている場合は
全体の洗顔をする前に落とす。
口紅はティッシュを口にはさむだけでOK。
マスカラは綿棒二本を水で濡らし、
挟んで落とす。

アイシャドウやアイライン、アイブロウ
水で濡らした綿棒を使い、
こすらずに「ころがして」落とす。
水で落ちなければ石鹸を少しつけても良い。

※メイクが多少肌に残っていても、
肌の新陳代謝によって数日後には自然に落ちる。
完全に落とそうと頑張る方が肌に負担をかけるため
洗顔はやりすぎないこと。



以上、「肌断食の洗顔方法!
基本の水洗顔と石鹸洗顔 【宇津木式スキンケア】」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容

肌断食のやり方!正しい方法&ポイントはたったこれだけ [肌断食のやり方]

最近広まってきた肌断食(宇津木式スキンケア)。
その効果を聞いて、実践してみようと思う人が
少しずつ増えているとか。
ですが、正しいやり方ではなく、
自己流にアレンジしている人も多く、
挫折する人も多いそうです。

そこで今回は、肌断食(宇津木式スキンケア)の
正しいやり方について
書いてみようと思います^^


スポンサードリンク




肌断食(宇津木式スキンケア)の正しいやり方



「肌断食(宇津木式スキンケア)を
正しいやり方でやって欲しい!」
と書いてはみたものの、
正しいやり方はとっても簡単。


最初に始める際の正しいやり方として、
おさえるべきポイントは以下の通りです。

・基礎化粧品は純せっけん以外使わない

メイク落としの時にだけ純せっけんを使う。
(水だけで落ちるメイクなら純せっけんは使わない)
それ以外は水で洗顔する。

洗顔後やお風呂上りにも何もつけない(本当に何も!)
どうしても何かつけたいなら、ワセリンを
うすくのばしてつけるのだけOK。

・洗顔時の水の温度は34~35度

寒い時期は37度ぐらいまで上げてもいいが、
それ以上は必要な潤いまで流してしまうためNG。

・肌はこすらない

洗顔時にはゴシゴシ、バシャバシャはNG。
手に水をためて、そこに顔をつける、を10回繰り返すか
ぬるま湯の勢いの弱いシャワーで流す。
タオルで拭く際、石鹸洗顔の際も絶対こすらない。

・メイクは最低限

ベースメイク
油分や界面活性剤の少ないパウダリーファンデーション、
フィニッシュパウダー(お粉、おしろい)、
界面活性剤の入っていないチーク、のみ使ってOK。

ポイントメイクは
アイブロウ、アイライン、マスカラ、アイシャドウ、
口紅、グロスは普通のものを使っても良いが、
できるだけ界面活性剤など、
負担のかかる成分が少ないものが良い。

どんな場合でも石けん洗顔で落ちる範囲のものを選ぶ。
ぬるま湯で落とせるものなら尚良い。

※日焼け止め、リキッドファンデ、下地、
クリームアイシャドウ等は使用禁止


スポンサードリンク




・石けん洗顔はしっかり泡立てる

純石けんで洗顔する際は、
スポンジやネットなどを使って
きめ細かい、弾力のある泡を作り、
それを濡らした肌に
何回か押しあてるようにして泡で洗う。
絶対にこすらない。

アイシャドウやアイライン、アイブロウを落とす際は、
綿棒に純石けんを少しだけつけて
綿棒を肌の上で転がして落とす。
お湯で落ちないタイプのマスカラは
濡らした綿棒二本で挟んで落とす。



いかがでしょうか?

肌断食(宇津木式スキンケア)の正しいやり方は
「最低限のメイク、スキンケアしかしない」
という事。

それを具体的に書くと
上のようなやり方になります。


これまで下地からきっちりメイクをして
クレンジングをして、
お風呂上りには化粧水+乳液+美容液、
さらにパック、というような
スキンケアをしていた人には
「???」と混乱する内容かもしれませんね。

でも、本当に上に書いたことさえ守れば
正しい肌断食(宇津木式スキンケア)のやり方を
実践していることになります。


肌に負担をかけず、美しい肌にするためには
多くのことは必要ないことが
分かっていただけたのではないでしょうか。

不安に思うかもしれませんが、
是非正しいやり方で肌断食(宇津木式スキンケア)に
挑戦してみてくださいね。


以上、
「肌断食のやり方!正しい方法&ポイントはたったこれだけ」
でした^^


スポンサードリンク



トラックバック(0) 
共通テーマ:美容
肌断食のやり方 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。